DVD copy&press
TOP
DVDの規格
DVDプレス
DVDプレスの工程
DVDcopy
DVDshrinkインストール
DVDshrink使い方
ブルーレイDVD
DVDコピー用語集
DVDコピーFAQ

DVDプレスとDVDコピーの違いとは? 

DVDを複製する方法には、主に『DVDコピー』と『DVDプレス』の2種類の方法があります。
DVDコピーは、プレス工場を使わないで簡易的にDVDを複製します。主に1枚〜100枚程度までの少量枚数のDVDが必要な場合に多く用いられます。メリットは自分が作成したDVDをコピー元として使用でき、気軽にコピーが行える点です。

デメリットは、あくまでも簡易的なコピーなので、DVDプレイヤーとの相性によっては再生ができない機種もあります。ですので、販売を目的としたDVDの複製や、再生の安定性を求める場合、300枚以上の大量枚数の複製が必要な場合には、DVDプレスを使用することをおすすめします。
DVDプレスを使用した複製の場合には、DVDプレイヤーとの相性に左右される事のない安定性の高いDVDが作成できます。特に販売用途の場合には、DVDプレスをご利用ください。 CDプレスとも工程が異なります。


 

DVDプレスのメリット

DVDプレスのいい点は、何より収録した画像と音質のよさになります。DVD-Rを使いコピーはデータを焼き付ける方法を用いているため、互換性が100パーセントではないのです。しかし、DVDプレスはDVD-ROMディスクへ物理的にデータを記録するので、互換性も高くなりますし、また収録したものも質の高いDVDが作成できるのではないでしょうか。

DVDプレスには、他にもメリットがあります。DVDはCDと比べると約10倍の容量がありますから、1枚のディスクにたくさんの画像を収録することが可能になります。その容量は片面一層(4.7GB)、片面二層(9.4GB)などがあります。たくさんのデータを保存するのであれば、片面二層の方が向いていると思います。

DVDプレスは大量生産できることが最大の特徴であると思います。DVDプレスは工場で作られる為、1度に大量のDVDプレスがが可能です。DVDプレスは容量があって、音質、画質ともに高いものです。そのようなクオリティーの高いDVDを1度に、しかも大量に生産することが出来るので、依頼する方としてはこれほどありがたい話はないでしょう。また、低いコストでできますから、DVDプレスのメリットは、とても大きいものです。

 

 

国内プレス・海外プレスの違い

・国内プレス

海外に比べ、多くの企業では納期が短い期間で出来ます。また、海外プレスとは違って、レーベル(ラベル)面に原産国表記をするも必要ありません。海外プレスと比べるとコストはかかるのですが、より安定した高品質プレスを希望する場合は国内プレスがいいでしょう。
又、海外プレスに比べ、ラベル印刷など細かい注文などに対応が可能です。

海外プレス

一般的に海外プレスでは品質が劣ると言われているのですが、現在では国内プレスと遜色のないほど技術の進化があります。しかも、企業によってはレーベル印刷費用が基本料金に含まれていることが多くあるので現在では高品質ながら、国内プレスよりもコストが格段に安く制作できます。但し、レーベル面に原産国表記が義務づけられているので、台湾生産の場合「Pressed in Taiwan」等表記する必要があるのです。
海外プレスの性質上、納期面では国内より遅くなります。 CDのプレスについても相談が必要です。

 

 

 

レーベル(ラベル)印刷

・シルク印刷

特色のインクをベタ塗りする印刷方法で、単色塗りつぶしのデザインの場合には、非常に美しく仕上がります。しかし、細かすぎる印刷はつぶれてしまったり、印刷されなかったりする場合もあります。
シルクは1色〜4色選べるのが一般的なので、色数が多いほどコストは大きくなる場合もあります。

・オフセット印刷

オフセット印刷は、雑誌や写真集の印刷のようにCMYK4色のインクを使い、 フルカラーを表現します。写真のような多色画像や、グラデーションのあるデザインを印刷される場合には、オフセット印刷をお勧めします。
書籍などの大量印刷にも用いられている一般的な印刷方式です。


Copyright c DVD copy&press All Rights Reserved